『真実をみつめ、癒しを受けとる』個人セッションとエネルギーワーク

プロフィール/About me

初めまして。鈴木典子(スズキノリコ)と申します。

私は21歳の時、病をきっかけにヒーリングと出会い、病の原因を探るために個人セッションを受け始めました。

”ヒーリング”という曖昧な言葉に抵抗を感じたものの、いざ受けてみると幼い頃の出来事を再体験しながら、自分自身と正面から向き合うことになりました。

それまでずっと蓋をしていた感情や痛みを一つ一つ認め、自分自身をありのままに受けとっていくうちに問題が癒えて、セッションのたびに心身がほぐれるのを感じました。
2〜3年経つうちに、うつ病の発作やアトピー性皮膚炎の症状が徐々に回復。

その後はヒーリングを学び続け、湯川啓氏(片瀬山治療室)の元で20年間の研鑽をつみ、独立しました。

現在は神奈川県鎌倉市にて個人セッションやワークショップを行っております。


ーーーーー

ヒーリングは自分本来の姿をありのままに受け取りながら、体全体(心・肉体・魂)を癒します。

現実に起きている問題や、悩みの中にある”真実”に気づくと”気づき”が問題を癒し、心と体が本来のバランスを取り戻していく。

その深い変化が、あるがままの創造性を開き、本当にしたかった事や本質に沿った道に進む力を与えてくれます。


今抱えている悩みや課題に向き合いたい時や
今後について考えたい時、
丁寧に自分自身をいたわり、ケアしたい時など。

”何となく気になる”時が
ちょうど良いタイミングです。

いつでもお気軽にお問い合わせください。

又、私は感受性の強い体質に生まれ、心身が不安定になりやすい為、様々な症状を通して常に体と向き合ってきました。

幼い頃から様々な症状に悩み、20代でヨガや瞑想を始めてから安定するまでに13年ほどかかりました。

その経験から「体をみつめ・整えるワークショップ」を行っております。

深くリラックスして体の中に意識をむけて、体の中に安らぎながら、心と体を調和させ

まずは体を緩めて、体の中に意識を向け、安心して落ち着くところから始めます。激しい運動は行いませんので、運動の苦手な方も是非ご参加ください。

ヒーリングやワークショップを通じて、ありのままの自分をみつめ、癒し、ケアできる場を作っていきます。

経歴

鈴木典子(スズキノリコ)
1976年 東京都生まれ神奈川県育ち


サラリーマン家庭の一人っ子として生まれる。
幼少期から原因不明の症状と慢性的な疲労感に悩む。
5歳頃アトピー性皮膚炎と診断される。

両親の顔色を伺ううちに、周囲の人たちを観察し始める。

初めは声の中に相手の意図や感情を汲み取るが、やがて体の周りに「流れ」や「色」があるのをみて、
”人”という存在が肉体以上の広がりであると知り、”人”という存在そのものに興味を持つ。

やがて人の体の中心(コア)から発せられる光をみて、その輝きから一人一人の本質を体感で受けとるようになる。
9歳 小学校のクラス全員がそれぞれに違った素質をもっている事に気づく。その個性の多様さと美しさに感動する一方で、
自分自身や周りの人たちの「自分を生きられない生きづらさ」に悩み、”誰もが自分の本質を存分に生きられたら、世の中がもっと良くなるんじゃないか”と思いつく。


14歳 大人たちの”生きづらさ”の原因を探るうちに、心理学に興味を持つ。
ユング派の河合隼雄先生やフロイト派の小此木啓吾先生の著書に共感し、生きづらさの原因の一端を知る。
16歳 現在のチャネリングの元になる体験。怖かったので感覚を閉じてなかった事にする。
17歳 夜中に過呼吸の発作が起きるようになる。うつ病と診断され、内服治療を開始。

18歳 大学に通いながらアパレル販売のアルバイトを始める。
「人の内側から発せられる光」をより鮮明に受け取るようになる。

接客中、一人一人の体から放たれる強烈な輝きに圧倒される。会話が進むにつれて光量が増し、その姿が見えなくなるほどに光るので驚くが、その輝きはそれぞれ違う質をもち、それぞれに美しくて感動する。相手の要望を汲みながら対話するうちに商品が売れ、お客様が癒されて帰っていく事にやりがいを感じて日々充実するが、うつ病の発作と皮膚炎の症状がピークに。


20歳  これまでの体験から「人」を肉体・心・霊性(エネルギー領域)に分けるのではなく、”全て含めた存在”として捉える必要性を実感する。

「人」について全体から学び、
いつか「自分の本質をみつめるお手伝い」が出来るようになりたい、と思いたつが、
まずは自分の問題と向き合うと決め、病の根治を目指す。


1997年 21歳 
肩こりをきっかけに鍼灸師の湯川啓氏(片瀬山治療室)と出会う。
生い立ちを話すうちに病の原因が幼少期にあると知る。

1998年 22歳
 湯川氏がヒーラーへ転向した事をきっかけにヒーリングを知る。

病の原因を探るべく個人セッションを受け始める。
幼い頃の出来事を追体験しながら過去の傷に取り組む。
その過程で生来の霊媒体質であると知り、それゆえの不安定さを安定させる為、ヨガと瞑想を始める。

やがて湯川氏を介してガイドスピリット(高次の霊的存在。以下ガイド。)から直接の講義(ガイダンス)を受けるようになる。

病の原因を紐解きながら、症状と心と体のつながり、からだ全体の働きについて理解を深める。
2〜3年後、殆どの症状がおさまる。

2001年 25歳 ガイドから今後も学び続けるよう勧められ、毎回の個人セッションが学びの場となり、直接の講義(ガイダンス)を受ける。

”お手当て”と呼ばれるハンドヒーリング(エネルギーワーク)の練習を中心に学ぶ。

2012年より4年間、ヒーリングを職業として行うための学びに集中する。

ガイドからは、全体性への理解と練習、
湯川氏からはヒーラーとしての在り方、解剖学に基づいた肉体の捉え方等を学ぶ。

2013年 37歳 勤務先を退社。

2018年1月 独立。「スズキノリコ ヒーリングセッション」として個人セッション、ワークショップを開始。


※職歴は販売接客業10年、一般事務7年、インストラクター業務7年(製品研修、業務研修、スタッフ育成)等です。